海外製ジェネリック医薬品の日本での位置づけ

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品である新薬の特許が切れた後に、別の会社が同じ効能・効果・用法・用量で作った、同じ有効成分の薬であり、なおかつ安価な後発医薬品のことです。
他社の開発した新薬を、合法的にコピーして製造することができるため、価格が安いということが特徴です。
価格が安いのは、研究開発費がかからないためです。

薬を安く買いたいと思っている人は、世界各国におり、医薬品全体に占めるジェネリック医薬品のニーズは、増加しています。
欧米の主要国においても、海外製ジェネリックが、大きなシェアを持っているのですが、日本国内においては、ほかの国に比べると、ジェネリック医薬品の浸透度は、まだまだ低い傾向にあります。

ジェネリック医薬品の世界市場シェアデータを見る限り、日本企業の名前はありません。
日本の医薬品メーカーは、海外製ジェネリックに頼る形というのが現状で、自力でのジェネリック医薬品市場開拓に、大きな遅れをとっています。
ジェネリック市場では、インドなど新興国の企業も多く存在します。

ジェネリック医薬品の中でも、ED治療薬に関しては、すべてがインド製といっても過言ではありません。
医薬品の特許は、製法特許と物質特許の2つが存在するのですが、インドでは製法特許のみが有効とされているお国事情があるためです。
つまり、別の製造方法を開発さえすれば、同じ有効成分薬が製造できるからです。