シアリス、36時間効き続けるお薬

シアリスとは、日本イーライリリー株式会社が製造販売するED治療薬です。
日本では2007年7月31日に、製造販売が承認されました。
従来のED治療薬であるバイアグラやレビトラの持続時間が5時間程度であるのに対し、シアリスの持続時間は服用後、最大36時間その有効性が認められています。
この効果継続が長時間なシアリス 時間は、金曜日の夜に服用すれば、日曜日の昼間まで長時間作用することから、ウィークエンドピルとも呼ばれています。

 ED治療薬シアリスの有効成分は、「タダラフィル」という成分です。
タダラフィルは、性欲が高まるに伴って、陰茎海綿体の血流を増加させ、勃起を生じさせます。
性的な興奮がない場合には、効果の発現はありません。
この点は、バイアグラやレビトラといった、すべてのED治療薬に共通していえることです。
性欲増加作用はなく、服用すれば勃起するという薬ではないということです。

 シアリスは、性行為の3時間前に服用するようにしましょう。
薬の血中濃度のピークは、個人差はありますが、平均すると服用後3時間前後です。
その後ゆるやかに血中濃度は低下していき、効果は最大で36時間持続します。
効果が長時間持続することが特徴ですが、逆にいえば、速効性には欠けますので、急な性交渉の場合には不向きとなります。

 バイアグラなどと違い、シアリスは食事には影響されにくいことも、特徴ではありますが、できるだけ空腹時に服用することをおすすめします。
やはり少なからず、食事によって体内への吸収が阻害されるからです。
特に、油分の多い食事を摂った後には、吸収が悪くなり、効果が低減してしまいますので、シアリスの効果を、最大限引き出すためにも注意しましょう。

他にもスハグラというEDジェネリック医薬品が人気です